支援してくれる人

元々は、地方から都会に赴任してきた子だったんですよ。女性の赴任と言うのは珍しい事なのです。男女平等と言いつつ、女性だけ転勤拒否を認められている会社ですからね。まあ、彼女の場合は独身でしたし、話を聞いたら本人の方から赴任を望んだそうで、何の問題もないでしょう。彼女のプライベートはともかくね。
会社では問題なかったですよ。至って普通の子でした。ああ、うちは分煙しているのですが、喫煙ルームに入っていくところをよく見かけたくらいの印象です。女性のスモーカーはうちの会社ではちょっと珍しかったので覚えているんです。
本当にそれくらいしか印象がないんですよ。飲み会などには一切来なかったからですね。まあ、それは人それぞれのポリシーだと思っていました。女性を飲み会に誘うと、ハラスメントやら何やらで騒がれるご時世ですから、僕も必要以上に誘ったりはしなかったんです。
パトロンの作り方を学んだ結果として夢を実現する事に成功
だから、彼女が売春していたなんて聞いて驚きましたよ。インターネットを通じて支援してくれる人募集とか言って、不特定多数の男性と売春していたんですよね。彼女のプライベートには一切関わらなかったので、全く知りませんでした。
支援してくれる人を募集していたとのことですが、まあうちの給与体系に不満があったのかも知れませんが、家賃は補助されていましたし、僕だって奥さんと子供を養えているくらいですから、不当だったとは思いたくはありません。やっぱり、彼女に問題があったのではないですかね。僕が知らなかっただけで、借金を抱えていたり、金遣いが荒かったのかも知れません。もっとも、そんな話をするくらい親しい間柄でもなかったのでわかりませんが。
こうして警察沙汰になったのだから復職は難しいでしょうね。僕自身は信頼していた部下の1人なので戻ってきてほしいのですけど、上層部が許さないでしょう。彼女にはこれからも頑張ってくださいとでもお伝えください。
これ以上、話すことはないですよ。え?彼女、妊娠してたんですか?そりゃ不特定多数と寝ていたらそうなるでしょうね。ご愁傷さまですね。え?彼女はDNA鑑定を望んでいるんですか?ほお、それはまた何ででしょうね。・・・すいません、ちょっと一本喫ってきてもいいですか?
パパ活掲示板
支援してくれる人

クリ責め

まさか、妻の携帯を私が見ることになるとは思ってもいなかったし、浮気しているとは思いもしませんでした。結婚してまだ一年。新婚で順調に結婚生活を送っていると思いました。
ところが、私の友達が若い男性と妻が一緒に歩いている姿を見たと言っていました。しかも、相手が妻が通っている整体の先生。友達もその整体に通っているので間違いはないと言ってました。それでも浮気をしているとは思ってもいなかったけれど、つい気になり普段束縛はおろか、妻のことを信頼している私が携帯を見るました。携帯のロックは簡単に解除出来ました。妻は私が覗くとは思ってもいなかったのか、携帯の暗証番号が結婚記念日で少し嬉しかった。そして、メールを覗くと
JKと援交する
「今日も最高だった。クリ責めすると君の顔がさらにいやらしくなるから最高だよ。」「先生いじめすぎ。でもまたやろうね。」このメールで浮気確定と思いました。その後、私は妻を問い詰める事はしないで私もその整体に行きました。すると、あの男が私を担当してくれたので
「妻がお世話になっています。私、田中美紗子の夫です。」その言葉に驚いたのか、手の動きが鈍くなり言葉も動揺しているのか震えていました。「先生は休みの日でもここに通っているお客さんと出かけたりしますか。」「えっ、いや。」動揺しまくりでそれ以上は聞きませんでしたが私が不倫していることに気づいていると思ったのに違いないと感じました。その後妻は私に前以上に優しくなっています。私も離婚するつもりはなかったので一回は許そうと思いました。
クリ責め
乳首舐め

ノンケ動画

私の友達は男なのに小さい頃から女の子と遊ぶのが大好きな人でした。おままごと、人形遊び。まるで男だけど女と錯覚してしまうくらい。しまいには化粧や服も大好きで私自身は彼と一緒にいる時が楽しかったし、多分ゲイなのかなと薄々気づいていました。そんな友達は「ノンケ動画を見てるとすごく興奮するの。ノンケとエッチしたい。」など、普通に私に言うようになりゲイと自覚しているんだと思いました。
ノンケ動画
それからしばらくして私に彼氏が出来ました。彼氏を友達に紹介すると「ノンケ動画に出ている人みたいにカッコいいね。こんな人と付き合えるなんて羨ましい。」と、言われて少し危機感を持ちました。それからの友達は見た目も少しずつ女性らしくなり彼氏からも「お前の友達男なのにお前より綺麗な女性に変身してないか。」と、言われてしまいました。このままでダメだと思った私も女磨きをやろうとダイエットや、化粧のや服装などオシャレの勉強をしました。ところが、彼氏が友達と歩いている姿を発見。もう側から見たらカップル。まさか、浮気と思い話しかけると友達は笑顔でその場を去り彼氏からは「さっき偶然に会って、お前を大切にしないと許さないよ。と、ドスのきいた声で言われたからびびったよ。」と、教えてくれました。私の友達はやはり最高だと思った瞬間でした。
その後彼氏と無事に結婚をしました。そして、式に参加していた彼氏の友達と今私の友達が付き合っています。もちろん性別は男と言っているので無事にノンケが見つかって良かったなと思いました。
お金が欲しいけどセックスしたくない
愛人契約

プチ援業者

プチ援業者の人と付き合ってるんだけど、やっぱり上手くいかないよね。
付き合い始めは、まさか彼がプチ援業者だとは知らなかったんだ。
なにせ友達の紹介だったし、その友達も彼の仕事については良く知らなくて「サラリーマンじゃないかな」なんてテキトー言ってたし。
本人に仕事のことを聞いても、はぐらかされてて、ちゃんと聞いたことなかったんだ。
付き合ってしばらくして、あんまりにも休日が合わない時期があって、オカシイって思って問い詰めたら「プチ援業者」って打ち明けられた。
なんか、その時に色々トラブルがあって、その処理で家にも帰れない状況だったとか。
プチ援業者なんて、違法じゃん。そんなの仕事とは言えないよ!って私もすごく怒ったの。
トイレフェラをしてもらう約束でオナ友と待ち合わせする
「一カ月以内に辞めて欲しい」って頼んだ。じゃないと別れるって脅した。
その時は、彼も「分かった」って言ってくれたんだけど・・・。
プチ援業者も一人でやってるわけじゃないから、なかなか辞めさせてもらえないみたいで、それからもう一カ月過ぎてるけど、いまだに彼、仕事辞めてない。
「辞めたいって上には伝えてあるんだけど・・・」って。
私も事情よく知らないけど、なんか色々あるんじゃないの?怖い世界とつながってる可能性もあるし。
私も、あんまり深入りしたくないから、別れる方向で切り替えてるけどさ。
このまま彼をほっとくと、そのままプチ援業者にどっぷり浸かって、まともな道に戻れなくなるんじゃないかって心配になってきて。
ちゃんと支えてあげた方がいいのかなという気もしないでもない。
F割
車内フェラ

セフレ掲示板

セフレ掲示板だったら、自分の本性、本来のエロをさらけ出せるかなと思いました。
もともと、私、積極的な人間ではなくて、子どもの頃から、引っ込み思案なところがあるんです。
大人し目の友達が多いですし、自分から積極的に何でもする!というタイプの人に憧れはあるけど、自分ではできないな、と。
セックスに関してもそうなんです。男性から求められるままに、という感じですね。
だから、自分がどうしたいのか、そういうことに関してはすごく鈍感で。
ですが、頭の中では、そういうプラン、ちゃんと持ってるんです。
これをこうしたら?とかあれをああしたら?という、考えは実はちゃんとあって。
積極性がないだけで、それが現実化しないんですよね。
セフレ掲示板で騙された黒歴史を糧にしてセフレの作り方を学びました
友達の一人から言われたんですよね。「頭の中にやりたいことがあるなら、やってみたら?」って。
急にそういうことを言われてびっくりしたんですけど「○ちゃんの場合は、消極的って言ってるけど、頭の中では色々なこと考えてるってにじみ出てるんだよ?」って言われました(笑)
私が何かやりたがっている、そのプランが既にある、ということが自然とにじみ出てしまっているようなんです。
その時、私、理想のエッチについて考えてたんですよね~。
旦那相手にそれを実践しようとは思わないです、気でも狂ったかと言われそうですから。
それでセフレ掲示板で行きずりの人・・・って思うんですけど、セフレ掲示板で自分のエロを表現するのってどうなんでしょうね。
私みたいな消極的な人間がたまーに積極性を発揮すると、妙なことになりそうで怖いんですよね・・・。セフレ掲示板なんて夫が聞いたら腰抜かしますよ。
PCMAXの口コミ
セックスフレンド募集

マンコ図鑑

某有名動画サイトに「マンコ図鑑」と言うシリーズがあって、マンコにひたすら特化した動画である。無修正と言うことであり、僕も好きだったAV女優がこのシリーズに参戦したので早速会員登録をして動画を堪能した。絡みなどはなく、女優さんがひたすらマンコを見せてくる内容であり、まさに言葉通りの「マンコ図鑑」だ。いつもぼかしやモザイクに隠されていたその奥にはこう言う世界が潜んでいたのか、とまるで答え合わせをしているみたいで感慨深いものがあった。
ただ、その後、その女優さんに急速に冷めていったのである。キレイでエロいマンコは僕の想像を超えていて100回くらいヌイたが、ある意味、そこが極みだった。一度無修正のマンコ図鑑を見てしまったら、今さらぼかしやモザイクには戻れないという意識もある。しかし、それよりもやはりマンコと言うものは想像の中で遊んでいる内が楽しくて、公開されたらそれ以上のものはない。AVにはいわゆる「無修正流出モノ」があり僕も何本か見ているが、だいたいが無修正が流出した時点でその女優さんのAV人生は終わる。なぜならば、マンコ開帳は最後の手段なのである。それ以上のものはない。無修正が一切流出しないAV女優の息が長いのは、こちらに想像の余地が残されているからだ。
マンコ
こうして、僕はその女優さんに関しては興味を失い、他のAV女優に浮気をした。かわいいルックスなのに絡みシーンがドエロで、僕にとっては新しい天使の降臨であり、フィルターがかかった手マンされているマンコを見ながら、既に300回くらいヌイていた。
ところが、今度はその女優さんの「マンコ図鑑」が公開されるそうなのである。もちろん、見たいマンコがそこにある。しかし、見てしまったらそこで終了だよ、と経験が欲望にはやる僕を制止してくる。ここで極めてしまうのか、ぐっと堪えて細く長く彼女をご愛用するか。「私とマンコ、どっちが大事?」と彼女に問われているような気がして、僕は逡巡しながら公開日の到来を今か今かと待つ日々である。
オナニーの生中継
相互オナニー

オナニー動画

私、自分だけの密かな趣味なんだけど、自分のオナニー動画を撮るんです。
最初は、ただのヌードを撮ってただけでしたけど、だんだん色っぽいセルフィー写真を撮るようになって。
そしたら、どんどんエスカレートしちゃって、オナニー動画撮る快感を覚えちゃったんです。
こういうキレイな私を残しておきたいという気持ちがありましたね。
自分で見返して、ここはこっち側から撮った方がキレイかも?この角度はあんまり可愛くない、とか、自分でチェックして、改良しながら自分でオナニー動画撮ってます。
一応、色々準備とか、流れ的な設定もあるので、月に一回くらい、一日かけて撮りますね(笑)
趣味、というかまぁ、誰に見せるわけでもないんですけど。
エロイプをするオナ友を見つけてテレフォンセックスをする
よくよく考えたら、自分のオナニー動画を撮っている、なんて変な趣味ですし、人に知られたら大恥かきます。
時々思うんですよね。
今、私が死んだら、この部屋に誰かが片付けに来たり、調べに来たりするわけですよね。
なんかの拍子で殺人事件の被害者になった場合、警察の人が大勢この部屋を調べるわけですよ。
そうなると、私の自分で撮ったオナニー動画が日の目を見てしまうんです。
これって怖くないですか?
親も「この子・・・自分のオナニー動画を撮影してたなんて・・・」と別の意味で泣きたくなりますよね?
せめて彼氏に撮られた、みたいな印象に持って行きたいと思って、最近は架空の彼氏の名前を呼びながらオナニー動画撮ってます。
「もー、どこ撮ってんの~?恥ずかしいから止めてよ・・・え?足開くの?オナニーしてって言われても・・・」なんて独り言が逆に恥ずかしい・・・。
エロイプ
無修正動画

31歳独身男性会社員の援デリ放浪記

私は以前から20歳前後の若い女の子との援デリをしたいとずっと思ってきました。
今まで私はインターネットの出会い系サイトの「ハッピーメール」を使って数々の女性、人妻や女子大生、専門学生、フリーター、そして水商売系や風俗系のお仕事に就いている女性まで様々な女性達とのセックスを繰り広げてきました。

「ハッピーメール」はこれまで利用してきたインターネットの出会い系サイトでも私が高い信頼を置いていつも利用している出会い系サイトで、「ハッピーメール」で出会った女性達とヤレる確率が私の場合異常に高いのでいつも利用しています。
そして先日、初めて「ハッピーメール」を利用して私は援デリを体験してきたのです。
20歳の黒ギャルとの援デリではこれまでに無い位の興奮を覚えました。
今回は先日私が「ハッピーメール」をきっかけにして出会った援デリ黒ギャルとのセックスに至るまでの模様についてこちらでお話しをさせていただきます。

私は常日頃、AVなどで黒ギャル物のAVを好んで鑑賞している「黒ギャルマニア」です。
そんな私はAVみたいなセックスを黒ギャルといつかしてみたいと思っていました。
そして先日、インターネットの出会い系サイトである「ハッピーメール」がきっかけで出会った20歳の黒ギャルと援デリでのセックスをついに体験してしまったのです。

私は先日、いつも利用している「ハッピーメール」に「黒ギャルの人とのエッチを希望」とストレートなタイトルをつけて書き込みを行いました。
すると私が書き込んでからわずか20分後にいきなり「20歳の黒ギャルだよ」と書かれた返信メールが送られてきたのです。
メールには「20歳の黒ギャルだけど、援デリでなら会ってもいいですよ。」と書かれていました。
私は「援デリでOKです。では明日の夜7時に駅前の電話ボックスの前で待ち合わせで良いでしょうか。」と返信しました。
黒ギャルは私が指定した日時と場所でOKしてくれたのでした。
そして私は翌日に実際に20歳の黒ギャルと出会い、援デリでの支払いを約束したのを確認した黒ギャルと二人でラブホテルに入り、3時間の間濃密なセックスを行いました。

33歳既婚男性小学校教師の援助交際放浪記

同じ教師をしている妻との関係はかなり冷めていると言ってもいいかもしれません、お互いのことを全く意識しなくなっている、家庭内は無関心で満たされていまして心に寒いものを感じていました。
そんな気分を吹き飛ばしたいと思いまして新しい出会いも欲しいと考えるようになっていたのです、妻は年上ですので今度は若い女性がいいと思いまして出会いを探すためにインターネットを利用してみました。
この時知り合ったのが22歳の女子大生のマユ、彼女は援助交際を目的としている女性でして前向きなお付き合いはできないとは分かっていましたが寂しさを紛らわすためにも関係をもつことにしたのです。
援助交際をする女性とはどんな人なのか?不安もありましたし、また興味もありました。
ただ対面してみますとどこにでもいるような可愛い女の子と言った感じの女性で、安心感も持つ事ができたのです。
妻以外の女性と関係を持つなどというのは結婚後初めてのことでしたので、それなりに緊張してしまったし、また興奮もかなりしてしまいました。
初めての援助交際でしたからもっと淡々とした関係なのかな?と思っていたのですけれどマユの場合とてもわたしに甘えてくるのです、まるで恋人同士のような感覚で。
これはほんとに意外でした、自分が求めていたような女性との関係を援助交際で疑似体験できたのですからね、お金の絡んだ関係なのにわたしの気持ちはかなり傾いてしまいまして関係を持った後もお付き合いの話をしてしまったぐらいです。
援助交際で出会ったマユと今ではお金の絡まない恋人関係に発展させることができています、夫婦生活の隙間を埋め尽くして有り余るほどの幸福感に満たされている毎日になりました。

ボクはスケベなんだな